Office 2013 のヒント: どの Office 2013 アプリケーションで Office アプリケーションを挿入するには

Office 2013 は、これまで Office 2013 アプリケーションの機能を改善するために、Office プラグイン アプリケーションの最初のバージョンを得ることです。これらのアプリケーションは、地域、Web 検索、辞書、地図などを提供するなどの追加機能で実行されます。これらのアプリケーションは、サードパーティ製のアプリケーションで実施以前の多くのタスクにユーザーを助けます。

office 2016 プロダクトキー 販売

アプリ ダウンロード可能な Office ストアを使用して、office 2013プロダクトキー販売、彼らが特定の順序であなたのオフィスのアカウントを自分に有利に。このチュートリアルでは、異なる Office 2013 挿入で Office アプリケーションの案内します。
要件:

Office アプリケーションを使用する Office 2013 顧客プレビューを実行する必要があります。あなたは、あなたの Live ID にオフィスで別名 Microsoft アカウントにログオンしなければなりません

MICROSOFT OFFICE 2013 プロフェッショナル ライセンス

MICROSOFT OFFICE 2013 プロフェッショナル ライセンス

指示:

すべてを開くまで、あなたがするすべての Office アプリケーションは、Word、Excel、PowerPoint などのアプリケーションを使用して.Word 2013 プレビュー版をオープンしたが、他のアプリケーションにアプリケーションを追加する手順は同じべきであります。
「挿入」メニューに移動し、ドロップ ダウン メニューから「アプリの事務所」と、「すべてを表示」を選択します。
「挿入アプリ」として、ポップアップ ウィンドウ タブを開いて、選択した対象のアプリケーションに利用可能なアプリが表示されます。
アプリケーションできます「それを今得る」ボタンを押します

多くのアプリケーションのための店に移動する「より多くのアプリケーションを Office ストア内検索」リンクを押します。

注: Microsoft アカウントにログオンする必要があります。

場合は、続いて方法 1、次のステップ 2 のプレス方法を取るし、もしそうなら、「無料 |」追加”を使用するアプリのストアで見つかった。
あなたはアプリの詳細ページにリダイレクトされます。ボタンを押すとここでは、microsoft office プロダクトキー 確認“Add”、アプリがあなたのアカウントに追加されます。
次に Office アプリケーションに戻るし、我々 は以前に開いたまま、ウィンドウをポップアップで「Office ストア」タブに移動します。
そこ最近追加したアプリが表示されます。それを選択し、「挿入」を押します。
アプリは、Office 2013 アプリケーションに挿入する必要があります。
同じ方法で他の Office アプリケーションのさまざまなアプリを入力できます。
それです。

ここでは、Office 2013 で Office アプリケーションを挿入するプロセスを示す短いビデオです。

方法: Microsoft Office 2013 プレビューを有効にします。

Microsoft Office 2013 をライセンス認証登録する有効なプロダクト キーとインストールされたソフトウェアを意味します。このガイドは、現在の MS Office Office 2013 のバージョンのスクリーン ショット ソフトウェア Microsoft Office 2013 プレビューをアクティブにする方法を示しています。Microsoft Office のライセンス認証は、できない、Office 2013 製品、インストールされている通知がないライセンスされている、Office アプリケーションで作業します。

Microsoft Office 2013 プレビュー ソフトウェアのいずれかを使用する場合は、ダウンロード プロセス中にお客様の製品キー評価を受信しました。あなたはこの評価版のプロダクト キーを使用して、office professional plus 2013 クラック,試用版の Microsoft Office 2013 プレビューを有効にします。
それは良い (Microsoft Excel 2013、Microsoft Visio、Microsoft Project 2013 などの 2013) の Microsoft Office 2013 製品をアクティブ化した後は、Office 2013 のセットアップ右を完了します。これにより、Office 2013 のセットアップではないことを避けるためにはより多くの退屈な通知をライセンスできます。

Microsoft Office Professional 2016(最新)|オンラインコード版|Win対応

MS Office 2013 Excel または Office 2013 Word などの Microsoft Office 2013 アプリケーションを開きます。下のスクリーン ショットに示すように、サイドバーのメイン メニューを参照してください。アカウント、[メニュー オプション] メニュー オプションをクリックします。

かどうかアカウントの画面が表示されます、アカウント情報のメイン ウィンドウの左側にあります。ユーザー情報、オフィス背景選択、アクティブなオンライン サービスなど、現在のユーザーのアカウント データの回廊ルート Office 2013 画面に表示されます。SkyDrive、office 365 は、SharePoint など、これらはサービスを関連付けられている Windows Live 接続または保存のオフィス。

Microsoft Office 2013 のライセンス認証については、製品情報地域の画面アカウントの右側にあるに表示します。

https://plaza.rakuten.co.jp/uncletom2005/diary/201304030009/

Office 2013 製品キーが有効でない Microsoft Office 2013 が有効なソフトウェアをインストールされている場合は、あなたの通知の背景が黄色の警告メッセージを参照してください。メッセージ警告「に必要なアクティベーション」Office のユーザーが Office 2013 ではなくアクティブになります。「この製品はライセンスは」通知、(Excel、Word、PowerPoint、Visio または project 2013) は、インストールされている Microsoft Office ソフトウェア ライセンスの現在のユーザーではなく、正常にアクティブ化されます。

「プロダクト キーの変更」をクリックします。

インストールされている Office アプリケーションの Microsoft Office 2013혼다 Prodiving Office 2013 製品キーとマークのチェック ボックス自動的に「アクティブ化」私の製品のオンラインしてください有効なプロダクト キーを入力します。「Microsoft Office 2013 製品キーに従って自動的にソフトウェアをアクティブにすることができます。

「インストール」するときは、入力したプロダクト キーの更新を使用して Microsoft Office 2013 アカウント ボタンを押します。

製品情報セクションは今正常に Office ユーザー製品活性化を通知します。

Send a Comment

Your email address will not be published.